臆病者の株式投資 〜節約・貯金・資産運用〜

50歳になって、将来のことが急に心配に…!慌ててお金を貯めたい主婦が貯金や資産運用でお金を増やしていきます!

自分の寿命はわからない・・・いつ、何のためにお金を使うか?良く考えたいと思った。


スポンサードリンク

こんにちは。tsukkyです。

 

日本の平均寿命は過去最高を更新したようですが・・・

www.nikkei.com


あくまで平均であって、本当にこの年齢まで生きるかどうかは?神のみぞしる・・と言ったところではあります。

 

私が投資に目覚めたのは、50歳を目前とし、貯金がほとんど無かったことに焦りを感じ・・老後資金を大至急貯めなければ!と思ったからですが
最近は投資自体が楽しくなり、どちらかと言うと趣味のような存在になってきたりもしています。

 

楽しいので、投資資金を作るために節約もできる感じではありますが、時たま、ふと。。
もし長生きできなかったら、こんな節約しても意味ないのではないか?と思うこともあります。

と言うのも、お金を残して死んでも、子供のいない私としては、残したお金を使ってもらう術がないのです。

 

本当のお金持ちは、身よりの無い子供たちのために・・とか、どちらかの団体に寄付するとかするのでしょうけど・・
貧乏性の私としては、こんな頑張って節約したお金を使わず死ぬのも、なんだかな~と思ってしまうのです。。

 

人生一度きり。。

 

元気なうちに、自分が嬉しい!とか楽しい!とか思えるものにも投資したいですよね。

老後貧乏もイヤだけど・・・
まだ元気な今を、みすぼらしく生きるのもイヤだなぁ~とか・・・

 

私は両親が介護を必要となって、介護問題の現実を目の当たりにし・・
両親の財政事情もその時に知ったわけですが・・
なんか両親なりに、老後のことが心配で貯金を崩さないで貧乏な生活を送っていたんだなぁ。。

実はもっと本当に貧乏なのかと思っていたのです。
だけど、フタを開けてみたらそれなりに貯金があった。。。

 

母親は75歳を過ぎて認知症を患い、現在80歳です。
父は先日他界いたしました。

 

その貯金があったから、私たちに介護の金銭的問題は降りかからなくて済んだわけですが・・・
これだけ貯金があったのなら、もっと若いうちに2人で旅行なり、なんなり楽しめば病気になんてならなかったのではないか?

と、思ったりしたわけです。。

 

そこでこんな本を図書館で借りて読んでいます。

 

老後の3大不安は「健康」「お金」「孤独」それをテーマにとてもわかりやすく
定年後の不安を取り除いてくれる内容になっています。

まさに3大不安!的中!!


私の両親をみていて、その通りだと思ってしまいました。
そしてこの本を読むと、定年間際にそんなに貯金が無くても大丈夫と言うことが判明しました!

貯金が無くても、定年後働ける労働力があれば、どんな資産運用にも勝るとの事!
やはり、仕事は続けなければ・・・・!

こちらの本おススメです♪


私も、もう少し現在を楽しめるよう、賢くお金を貯めて、そして使える時に使っていきたいなと思いました。