臆病者の株式投資 〜節約・貯金・資産運用〜

50歳になって、将来のことが急に心配に…!慌ててお金を貯めたい主婦が貯金や資産運用でお金を増やしていきます!

ホリエモンの本がものすごく面白かった!!


スポンサードリンク

こんにちは。tsukkyです。

 

最近読んだ本で面白かった本を紹介します!

 

 堀江 貴文
「全ての教育は洗脳である。」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 [ 堀江貴文 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2018/8/23時点)


 

 

ホリエモンの本は初めて読みましたが、面白かったです!!
まさに今の私の気分にドンピシャ!当てはまる感じ~~

 

洗脳って言葉・・
「インベスターZ」のドラマを見ていて・・・

 

日本人が貯金体質になったのは、太平洋戦争で国が軍資金を集めたいから国を挙げての貯蓄奨励キャンペーンを展開し、
昭和16年には”国民貯蓄組合法」という法律まで作って全国民に貯金を強制したからと・・・!!


その頃から、貯金するべき(貯金しない=非国民)という洗脳を受けていた~

 

私の周りの人は「投資は怖い」ってまさに・・まだ洗脳が解けてないのね(笑)

 

妙に納得。

 

その洗脳繋がりじゃーありませんが・・・

 

なんかその話に通じるものがある気がして、本を借りて読んでみたら・・

義務教育自体が洗脳だったと言うから、目から鱗・・・
確かに、読むと納得できるんですよね。

要は、工場や会社で働いてくれる人を養成するのが学校であって、それには、規則や規程を守れる人材が大切。

 

やりたくない事を我慢できる人材を作る=教育

みたいな?!

 

わお!

 

出来ればこれからの若い人に読んでもらいたい1冊ではありますが・・
自分も勇気をもらえたような気がします。

この年まで来て、洗脳を解くとか・・・遅い気もしますが(^^;)

 

自分が「没頭」出来ることを探して、なるべくやりたくない事はやらない人生を送りたいと思いましたよ。ハハハ